大学そばの懐かしの食堂 | uj7u9x | sa.yona.la help | tags | register | sign in

大学そばの懐かしの食堂

reply

職場から徒歩20分くらいのところに出身校があって、かれこれ5年くらい寄り付いてなかったんだけど

昨日大学時の先輩が大学近くの名物弁当の写真あげてて、無性に食べたくなり昼飯ついでに行ってみた。


弁当買うつもりが、フラフラ、懐かしの町並み散策になり、結果懐かしの食堂へ。


大学てきには有名な飯なんだけど、、たぶん在学時代二桁も行ったことがなくて、注文の仕方を完璧に忘れてた。

とりあえず名物の「ミックス」(牛丼+カツ丼+カツカレー)をいただいた。


注文の仕方は覚えてなかったんだけど、味は、あーこれだったなあという感慨。

いろいろと知ってたお店がなくなって、逆になくなったって聞いてたお店が復活してるをの知ったり。


故郷じゃないけど、たまには帰ってみるものいいなあと。

posted by uj7u9x | reply (2) | trackback (0)

Trackback URL:

Re: 大学そばの懐かしの食堂

学生の味、ってジャンルはあると思う。

reply

「自分はコレで育った」という、まあ、いわゆる実家の味みたいなものはほとんどの人が持っているとして。

手作りかどうかは問いません。オレの知人なんか「中村屋の肉まんで育った」と言い切ってますし。


中高生くらいでファーストフードやフードコートやカラオケに行き始め、働きに出たり大学に入ったりしたら飲み屋も覗き始め。その頃だけの、一過性の、想い出の味。

地方色が豊かってほどでもないんだけど没個性でもないローカルなインディーズの、冷静に喰えば別に驚くほど美味いってわけでもなくて。あの感慨は何なんだろう。

結局、オレはアレでできているんだろうか。


一方で「学生の頃から50年通ってます」みたいな店がある人って幸せだろうな、とも思う(そこのコミュニティに属し続けられているという点まで含めて。だって絶対そのうち客同士で元カノの話を暴露されたりするもん。あるいは妙なマウンティングをかましてきたり)。

もちろん、自分の修行とか下手するとバイトとかで入って結局継いじゃってずっとそこ、みたいなケースは除きます。それもそれで幸せだろうけども。


以下なし崩し的に蛇足。

いわゆる料理人(名を成した)が遅くとも15歳とか18歳とかくらいまでにその道に入ってるのって実は理由というか原因がちゃんとあるらしく、つまり、それより遅いと、基本としては何を作ってもオフクロの味になっちゃうんだそうで。

言われてみればそんなもんなのかもしれない。

posted by zig5z7 | reply (1)

Re: 大学そばの懐かしの食堂

http://q7ny3v.sa.yona.la/2402

reply

安定の餃子の王将ホイコーロ、鉄板キンちゃんのスタミナ焼き、冷食カツの純喫茶、飯とキャベツが食べ放題のトンカツ永田園、悪夢の澱粉レイズ卵丼セットうどん大盛り。いろいろあった。

posted by q7ny3v | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.